【´3`】魔剣士ぶっこみブログ【´3`】

PS4コナンアウトキャストをプレイ中。ゲームが分からない方でもなんとなく見れるブログ。日替わりで趣味全般雑談快談を綴るぞ。

ドイツ旅行 #13 2日目ハイデルベルク城 フリードリヒ館~アルタン(テラス)、騎士の足跡

 2018年2月のドイツ旅行

 これを書いてるのが2019年2月11日。

 去年の今頃はドイツ旅行の最中である!あーまた行きたいドイツ!ミュンヘン!!

 

 さて前回に続いてハイデルベルク城を歩く。古いレンガのすばらしい館が立ち並ぶ。

古いレンガの館が立ち並ぶ

古いレンガの館が立ち並ぶ

 正面に見えるのはフリードリヒ館。選帝侯フリードリヒ4世が建てた。

 表には選帝侯の先祖の像が立っている。

選帝侯の先祖の像

選帝侯の先祖の像

 一番左上がカール大帝で、一番右下がフリードリヒ4世。その他バイエルン公、プファルツ選帝侯などなど。

 

 その左側に建つひときわボロい(失礼)建物は、ループレヒト館。

ループレヒト館

ループレヒト館

 プファルツ選帝侯ループレヒト3世から名づけられて現在にまで至る。

 ハイデルベルクの中でも歴史が古い建物だそうだ。

 入口には二人の天使の像がある。

二人の天使の像

二人の天使の像

 建物の建築中に建築家の息子が足場から転落して亡くなった二人がモデルになっているという。たまたま撮れてた。

 振り返ってみると、、

ループレヒト館と時計塔

ループレヒト館と時計塔

 先ほどくぐってきた時計塔も見える。

ループレヒト館 右

ループレヒト館 右

 ループレヒト館の正面右側。崩れているところもところどころ見える。

 さらに右には建物もあった。

右側に建物

右側に建物

 車が入ってきてるのに吹く。

 

 フリードリヒ館の右側に建つのはオットハインリヒ館。

オットハインリヒ館

オットハインリヒ館

オットハインリヒ館

オットハインリヒ館

 こちらもプファルツ選帝侯オットー・ハインリヒから名づけられた。

オットハインリヒ館 正面

オットハインリヒ館 正面

 こちらも正面には像がたくさん立っている。旧約聖書やら神話、惑星の擬人化された人物像なのだそうだ。擬人化!そのためか「異教徒の館」と呼ばれていた。中世の時代に異教徒呼ばわれはあぶない。

 像の数々↓

像の数々

像の数々

像の数々2

像の数々2

 信じられないことだが、これ全部、手作りですよ(アタリマエデショー)。

 

 ここからフリードリヒ館の通路を通ってアルタン(テラス)に出る。

フリードリヒ館の通路

フリードリヒ館の通路

フリードリヒ4世像

フリードリヒ4世像

 ↑これが先ほど紹介した一番右下のフリードリヒ4世の像。

 なぜ一番右下なのかと思ったら、通路を行く人々からもっとも見られるじゃあないか。

 この中を通ってテラスに出る。

フリードリヒ館の通路 内部

フリードリヒ館の通路 内部

お土産品?も見れる

お土産品?も見れる

 お土産品も見れた。置物、お皿などの食器、武器を模したものなどなど。

 

 アルタン(テラス)に出た。「選帝侯のバルコニー」とも呼ばれる。

テラスで感動している嫁氏

テラスで感動している嫁氏

 そこから見られる風景に感動する嫁氏。

 見られる風景はこちら、

テラスから見られる風景

テラスから見られる風景

テラスから見られる風景2

テラスから見られる風景2

テラスから見られる風景3

テラスから見られる風景3

テラスから見られる風景4

テラスから見られる風景4

テラスから見られる風景5

テラスから見られる風景5

 そりゃ感動するよ!Σ(´□`;)

 

 いやこれ、パズルにできるレベルじゃね?

 街並みが凄すぎる。

 なんで日本はこうじゃないの?(そういうこと言うと怒られるよ)

 

 いくらオープンワールドのゲームだとしてもやはり現実の古い町並みの迫力は出せない。密度が違いすぎる。実際に見られて本当に良かった。

 

 さてこのテラスの床には小さな穴が開いている。

小さな穴

小さな穴

  これは「騎士の足跡」と呼ばれている。これにはいくつか伝説があり、

1:館の火災の際に炎に囲まれた騎士が飛び降りブーツの踵の跡が付いた。

2:泥酔したフリードリヒ4世が飛び降りて跡が付いた。

3:選帝侯妃の浮気相手の騎士が飛び降りて跡が付いた。


 どれもとんでもねぇ!Σ(´□`;)

 

騎士の足跡

騎士の足跡

 

 それで、もしかしたらこの踵の跡に俺の足がぴったりはまるのではないかと思ってやってみた。

 

 ぴったり合ったら俺が伝説の騎士な(`・ω・´)

 

 合うか!( ゚Д゚)

 

 というか意外と小さかった騎士の足跡。

 女性のヒールの跡といった方が信憑性がありそう。

 

 今回はここまで。

 次回もハイデルベルク!!