【´3`】魔剣士ぶっこみブログ【´3`】

PS4コナンアウトキャストをプレイ中。ゲームが分からない方でもなんとなく見れるブログ。日替わりで趣味全般雑談快談を綴るぞ。

ドイツ旅行 #06 1日目フランクフルトのホテルに着~2日目リューデスハイムへ

2018年2月のドイツ旅行

ホテル

 エレベーターの利用方法に注意事項があった!

エレベーターのボタン

 エレベーターの扉を開けるボタンの近くにベルのボタンがある。
 扉を閉めようとしてベルボタン(緊急ボタン)を押しちゃう方が多いんだってw

 開け閉め逆やったかな(´・ω・`)
 ともかくそこにあったら押しちゃうわな。

室内

 部屋はいたって普通といえるちゃんとした部屋。ありがてぇ。

ホテル室内

ホテル室内

 ※長い飛行機旅により嫁氏は死亡中

 ホテル内はとても喉が渇く。
 1階に自販機があったので水か何かを買うとよい。

 炭酸水と間違うこともあるのでご注意。ナチュラル~とか書いてあれば普通の水。
 Naturうんたらとか書いてあったり、英語でnaturalうんたらとか書いてあるかも。

機器の充電、コンセント

 以前にも記事にしたけど、ドイツのコンセントは日本とは形が違うので、充電器やACアダプターを持って行っただけではつなげられない。

ドイツのコンセント

 全然ちゃうね(´・ω・`)
 これは「Cタイプ」というのだそうな。
 そこで、変換アダプタを使う。

電源変換アダプターとタップ

 変換アダプタだけでは1つしか充電できないので、さらにタップを付けて複数充電できるようにした。
 ケータイにカメラになどなどあると思う。

トイレ

ホテルのトイレ

 普通に水洗トイレ。水洗トイレが普通なのがありがたい。
 トイレットペーパーもちゃんとついてる。
 背部の壁に付いてる四角いやつが水洗ボタン。でかいなおいΣ(´□`;)

浴室

 浴室はトイレと一体部屋。
 トイレのすぐ左が浴槽になっていた。

ホテルの浴室

 浴室(あるいはトイレ)に入るとこんな感じ。
 この右手がトイレ。

シャワー

 ボディソープやシャンプーなども置いてある。
 ドライヤーもあるので日本からわざわざ持っていかなくてよい。

浴槽

 これが浴槽。
 この右手がトイレになるので、シャワーだけにする方でも浴槽の中で浴びること。びったびたになっちゃう!

 最初、浴槽の栓の開け閉めのやり方がわからなかった。
 背もたれの部分についてる銀の丸いのがまわせる。それで栓が開け閉めできる。
 入浴剤もあったし、かなり快適に過ごせた。

テレビ

 テレビも見られる。
 内容はもちろん全部ドイツ語。

ドイツのテレビCM

 レコード店でお姉さんヘッドフォンしながら熱唱していて、ハッと気づいたら他のお客さん(友達?)から大喝采。

 IKEAって出てたけど、つまり家具のイケアなんかな。

ドイツのテレビCM

 ぶにょーん。
 これは別のCM。

ドイツのテレビCM

 化粧品かなにかだった。

ドイツの朝

 朝はなかなか日が昇らない。

ドイツの朝

 外、めっちゃ広い。ドイツ広い。

リューデスハイムへ

 ライン川クルーズのため、クルーズ船が出る町リューデスハイムへ向かう。
 天候が荒れていたらバス内から古城を見るはめになっていた。
 晴れてよかった。

 リューデスハイムへはバスで向かう。

リューデスハイムへの道

リューデスハイムへの道

リューデスハイムへの道

 ドイツ、いちいち広い!
 そして建物もいかにも北欧という感じで、どこを見ても日本とは違う。

高速道路の落書き

 高速道路では落書きをよく見かけた。

ドイツの街並み

 普通の街並みなのだろうが、これですら感動する。

貨物電車が通っていく

 貨物電車が通っていく。

ライン川

 広い川が出てきた。

ライン川

ライン川

 貨物船かな。
 太陽が全然昇らない。今何時だよw

ドイツの家

 「北欧」好きなわたくし魔剣士るーは建物にいちいち感動する。

丘の上の教会っぽい建物

 丘の上に教会っぽいのが立っててきれい。

クルーズ船

 クルーズ船が見えた。あれに乗るっぽい。

船着き場

 港。
 船着き場。

リューデスハイムの街

 リューデスハイムに到着!!

リューデスハイムの街
 そして街の方を振り返ると、、

リューデスハイムの街

リューデスハイムの街

 ドドッドドッド、ドイツ!ドドッドドッド、ドイツ!

 リューデスハイムはまだまだこんなもんじゃねーぞ、クルーズ前に少し探索!
 初のドイツの街。楽しみすぎるぜ。

 次回はリューデスハイムの街を旅します(CV石丸謙二郎)