【´3`】魔剣士ぶっこみブログ【´3`】

情け無用のゲーマーブログ。ゲームが分からない方でもなんとなく見れるブログ。日替わりで趣味全般雑談快談を綴るぞ。

ドイツ旅行 2月に挑む靴

2018年2月ドイツ旅行

 魔剣士一家がドイツ旅行に行ったのは、2月。
 2月!!
 皆さまにおかれては冬の北欧旅行ライフいかがお過ごしか。
 そんなしょっちゅう行けるもんじゃねぇ。
 そもそも日本でもくそ寒いのに、さらに寒い北欧へ行くか、2月に。
 しかしそのおかげで旅行費はとても安くすんだ。
 ひとり15万円くらい。格安!!シーズンオフ!!
 北欧、ドイツの2月はどんなんなんだ。
 いったいどんな服装をすればよいのだ。
 ツアー2日目はライン川クルーズで古城を見る予定だから、極寒の2月に川の上船の上で小一時間過ごして生還するためにはいったいどんな装備で行けばよいのかまったく見当がつかなかった。

f:id:mksbb:20180923125512j:plain

 ↑魔剣士撮影

 いろいろ調べていたら、寒さは上からと下からくるという。
 なので、まずは足元、靴やズボンをどうするか考えた。
 当然のことながら女性の皆さま、スカートにヒールはありえません。
 
また履きやすい靴といってもメッシュになってるとたぶん風が入ってつま先冷えまくるかも。
 冬用の、雪道でも歩けそうなブーツっぽいものが良いかも。
 ↓魔剣士が履いてった靴。

f:id:mksbb:20180923125711j:plain

 (足裏汚れててごぬんね)
 全然ブーツじゃねーし。
 しかし相当悩んでこれになった。
 靴屋何件まわったか!!
 これを探してたわけじゃなくて、冬に履ける靴で自分の足に合うものが全然見つからなかったからだ。あまりに見つからなさ過ぎて半泣きになっていた。
 気に入ったのがあってもだいたい自分のサイズが売り切れてたりする。
 
ブーツやハイカットも考えたけど足に合わなかった。
 革ブ-ツタイプは重くてNG。

結構歩く

 旅行中はライン川あるなし夏冬季節関係なしにそこそこ歩く。
 クルーズ船が出るリューデスハイムも探索に歩くし、ハイデルベルクやローテンブルクはかなり歩く。ノイシュヴァンシュタイン城も場内を歩く。階段もある。ヴィース教会やディンケルスビュールもちょい歩く。ミュンヘンも歩く。たまに走る!!
 なのでヒールやサンダルはありえない。昔ながらの石畳の道も多い。
 今回選んだのはVANSのものだった。
 ちょうど魔剣士的に紐なしの靴にハマっていたというのもあるけど(だからこそ余計に見つからなかったんじゃねーか説)、これは中はふかふか素材だし底もギザギザで滑りにくくなってる点が良い。
 水や雪が心配だから出かける当日に撥水スプレーをかけておく。
 これ一足で4泊6日を無事に過ごせた。予備の靴とかいらんよ。
 紐がなかったので、歩いてる途中で紐がほどけてンガー!!( ゚Д゚)ってなることもないし、飛行機やバスの中でもすぐに脱ぐことができて快適だった。しかもこの靴は踵も踏める。

 ↓嫁氏の

f:id:mksbb:20180923132103j:plain

f:id:mksbb:20180923132117j:plain

 アシックスの。
 中ふかふかでいかにも冬用って感じ。こういうものが良い。
 底はそんなに気合入ったギザギザじゃないけど、これで大丈夫だった。
 こんな感じの冬靴がいいと思う。

 北欧の冬なので!!

まとめ

 んで靴。
 かつて幼稚園生の時に学んだことのひとつ、

・遠足は履きなれた靴で行きなさい。
 というわけなので、靴は早めに買って、1ヶ月くらいは普段から履いてるといい。
 これで2月のドイツ旅行に勝つる。

・家に着くまでがドイツ旅行です。
 いやさすがに羽田に着いたらドイツ旅行終了だと思うよ。